水没 ひび割れ データ復旧

iPhone修理ができない状態

iPhoneをずっと使っているとボタンが効かなくなったり、落としてバキバキに画面が割れてしまったりして故障を起こしてしまいます。そうなると修理する必要があるので、キャリアショップや正規のお店のストアに持ち込んで修理をお願いします。
しかし、その修理代金は非常に高価で画面修理だけでも1万円以上かかったり、本体の基盤修理であれば3-4万円もかかることがあります。ただ、新品を買いなおすことを考えるとその修理代もましな方です。しかし、最悪なことは修理すらしてもらえない状態に陥ることです。修理業者の言葉では原状回復不能と判断した場合がこの状態になります。原状回復不能とは具体的には次のような状態を指します。
・基板が完全に露出
・本体が折れ曲がり
・本体の溶解
・本体の一部もしくは全てが欠損
・腐食性の液体や海水や汚水に浸かった痕がある
・不正改造した形跡
・正規のお店の修理ルート以外で修理交換した形跡がある
これらの状態は通常の利用では陥ることがありません。しかし、正規のお店の修理ルート以外で修理については、街でよく見かけるiPhone修理を非正規に行う店舗がこれに値します。こういった事業者での修理はその代金も安く一見魅力的ですが、その後の正規の修理をりようできないということを理解して依頼を検討しましょう。

iphone修理の手順について

iphoneの調子が悪いとき、バッテリーの持ちが悪くなった時、画面やボタンが壊れてしまった時・・・修理に出す前にしなくてはいけないことがいくつかあります。スムーズに修理を進めるために、どのような手順が必要でしょうか。まずは、どの業者に持ち込むか決めましょう。保証期間内(一年)や、正規のお店あるいは携帯会社…

iPhoneの修理はどこに行けばいい

iPhoneの調子が悪くなってしまった時は正規のお店のStoreか正規のお店のサービスプロバイダかキャリアか一般の修理専門店になります。正規のお店のStoreで修理を頼むと戻ってきたiPhoneは新品の状態になって戻ってきます。でも実は元のiPhoneが修理されて戻ってくるのではなく別のiPhoneを受け…

TOP